<食べる藍>シリーズ

藍を食べる

日本において藍は「染料」としてだけではなく、「薬草」としても古くから身近な植物だったといいます。

江戸時代には、「藍商人(染料屋)たちがお守り袋に藍を入れて持ち歩き、食あたり時に服用して難を逃れた」「藍商人が長州を訪ね、ひと握りのすくも(藍を発酵させたもの)と引き換えにふぐ料理をご馳走になった(すくもを生で食べるとふぐ中毒に効果があるとされていた)」など、藍の薬効を裏付ける文献も数多く残っています。

長崎県雲仙の草木染め工房「アイアカネ工房」では毎年、工房の畑で育てた藍で染料を作っています。染料には葉しか使いませんが、調べてみると藍の薬効は葉以外にも豊富に含まれることが分かりました。
そこで藍の葉だけではなく、これまで有効活用できなかった茎・根・花・種も使ったオリジナル食品を、工房で手作りしてお届けしたいと思います。

「藍を食べる」という古くから伝わる健康の知恵を、ぜひお試しください。

アイアカネ工房の〈食べる藍〉シリーズ

アイアカネ工房で育てた藍を使用し、「〈食べる藍〉シリーズ」として様々なラインナップをご用意しました。収穫した藍は小浜の透き通った水で洗い、乾燥、袋詰めまでをひとつひとつ手作業で行っています。

藍は農薬・化学肥料不使用にこだわり、藍と合わせる食材は、小浜に面する橘湾の自然塩、長崎県産のうるめいわし、島原産の昆布など、地元の信頼する方々が作る食材を使用しています。

藍の効能

藍には抗菌作用や抗酸化作用、整腸作用のある成分が多く含まれ、病気に強い身体づくりを助ける効果があると云われています。

実際に〈食べる藍〉シリーズをご愛用のお客様からは、「ひどかったお肌のトラブルが改善された」「お通じが良くなった」「体調が整い風邪を引きにくくなった」などの声を頂いております。
〈食べる藍〉を、日々の暮らしへ。藍の色や香り、味わいを楽しみながら、その効能をぜひ実感してください。

〈食べる藍〉シリーズ  商品一覧